leoT’s blog

ようこそ!本ブログでは、私leotの日々のことを連ねております。主にレシピや猫、などなど…気楽にお読みいただければ幸いです。コメントもお気軽にどうぞ。

マヨネーズでふわふわパン♩トルコの味を再現

アチュマかポアチャ。トルコで食べたふわふわのパン。見た目はごっつくて、どうかな〜と思ったけど、食べてみたら、まあしっとりと美味しいこと!名前はわからないけど(多分ポアチャ?)、油脂がたっぷり入っていて、柔らかくて風味豊かなのだけは覚えてる!と言うことで、手探りで再現してみました(゚∀゚)

f:id:leoT:20190414143232j:image

見た目は普通のテーブルロールですが、なんと、生地にたっぷりのマヨネーズが入ってます。おかげで食感がふわっふわ〜♩蜂蜜使用で香りもよし〜♩材料はシンプルですが、そのまま食べてもとても美味しいパンになりました(*^^*)

ちなみに、マヨネーズは以前ロシアで買ったオーガニックのうずらのやつ。ただ、折角良いものを買ったはずなのに、味が好みじゃなくて持て余してました。なので、ふと思いついてパンに入れてみることにしました。マヨネーズは油と卵でできているから、パンに柔らかさと濃厚な風味を与えてくれます(*^^*) もちろん酸味は焼けば飛んでしまうので、安心して使えます。

f:id:leoT:20190414144819j:image

見た目に反して、触ると簡単に潰れるほど柔らか〜(゚∀゚) 作り方も、ボウル1つで捏ねない&冷蔵庫で低温発酵させるから、手が汚れず時間の縛りもなし。とっても楽ちんです。

今回は冷凍庫で眠っていたロシアのドライイーストを使いましたが、匂いも色もさらさら度合いも、いつも使ってる日本のと違くてかなり心配だったけど、いつも通りの少量使用でも、ちゃーんとふっくらと美味しいパンに仕上がりました!ただ、ロシアのイースト、そもそもドライイーストなのかインスタントドライイーストなのかわからなかったので、一応軽く予備発酵させました。予備発酵も正直発酵してるのかわからないぐらい地味〜でしたが、パンっぽい香りがしたのでそのまま使いました。日本の普通のインスタントドライイーストを使う場合はそのまま粉に入れちゃって大丈夫です(゚∀゚)

イーストにしろマヨネーズにしろ、原材料はロシア産ばっかり!トルコ風と言いつつ、実質、ロシアパン(^^; ま、ともあれ、以下レシピです。

 

拳サイズ3個分

f:id:leoT:20190414145103j:image

材料: 強力粉80g、薄力粉20g、蜂蜜10g、塩1~2g、マヨネーズ30g、[イースト1g、ぬるま湯(40℃ぐらい)大4、砂糖小さじ1弱(2gぐらい)]

※ 粉類は100%強力粉でも大丈夫

※ 予備発酵はロシアのイーストの使い方がわからなかったからやりましたが、普通のインスタントドライイーストなら必要なし。

1. 予備発酵(必要な場合はのみ): ボウルにイースト、お湯、砂糖を入れて、イーストがほぐれるように軽く混ぜる。30分ぐらい放置。イーストが溶けて泡みたいのが出てたら大丈夫。泡は細かいのが地味に出てる程度でも、嗅いだ時にパンの匂いがすればよい。

2. イーストのボウルに粉類、蜂蜜、塩も入れてスプーンやゴムベラで混ぜる。軽くまとまったらマヨネーズも入れてさらに混ぜる。マヨネーズがべたべたして混ぜにくいけど、油分が生地に馴染むように。終始生地はべたつくけど大丈夫。捏ねる必要もなしです。

3. 材料が全部混ざったらボウルにラップをする。30分放置→スプーンで軽くパンチ(生地を四方から折り畳むように)→30分放置→スプーンで軽くパンチ。生地の大きさが1.5~2倍になるまで常温発酵させたら、冷蔵庫に入れて一晩低温発酵。最初べたついてた生地は2回もパンチをすると、だいぶ張りがでて伸びもよくなります^ ^

4. 生地の大きさが当初の3倍近くになれば一時発酵完了。柔らかい生地なので完了必要に応じて打ち粉をしたら、軽くガス抜きして三等分して丸める。ラップか濡れ布巾をかけて二時発酵。生地の大きさが2倍ぐらいになって、ぷるんとするまで。

5. 210℃に余熱したオーブンで14分ぐらい焼く。膨らんで、いい焼き色がついたら完成!粗熱が取れたころが食べ頃です(*^^*)

 

 

ムンク⁉️なヘーゼルナッツケーキ

f:id:leoT:20190411210959j:image

はい。ムンクが叫んでます!て言うか、ただのホラーですね(^^;

こちらのムンクモールド、先日のモアイ型と一緒にビッグカメラドットコムで購入しました。やっぱり見た目に惹かれたのですが、焼き上がりはムンクって言うよりゾンビとか骸骨っぽいですね。こちらもモアイと同じく、Fred社製の耐熱製氷皿。性能はやはりバッチリで、ケーキの型離れが素晴らしく、鼻の穴までつるりん!掃除も超楽ちんです(*^^*)

今日はそんな見た目はいまいちだけど使い心地抜群なムンク型を使ってヘーゼルナッツのバターケーキを焼きました。前回のモアイのマロンケーキ同様、こちらも油分はギーとマヨネーズ。そこにトルコで購入した甘いヘーゼルナッツバターとヘーゼルナッツパウダーをたっぷり混ぜ込みました。混ぜるだけだけど、しっとりと香ばしい美味しいケーキになりました。もちろん油分は100%バターでもいいし、ヘーゼルナッツバターはピーナッツバター(砂糖の量を調整)で、ヘーゼルナッツパウダーはアーモンドプードルで代用できます。むしろそちらの材料が一般的かもですね(^^;

 

長さ4~5cmのムンク型10個ぐらい

f:id:leoT:20190411212529j:image

材料: ヘーゼルナッツパウダー50g、ギー20g、マヨネーズ10g、砂糖5g、蜂蜜小2、卵1個、ヘーゼルナッツパウダー20g、薄力粉30g

1. ボウルに材料を順番に入れて、その都度泡立て器でよく混ぜる。薄力粉だけは振るい入れる。生地完成。

2. 生地を30分以上休ませる。必要にあわせて型にオイルを塗る。生地を流し入れる。

3. 180℃に余熱したオーブンで16分ぐらい焼く。完成!

※ ヘーゼルナッツバターの代わりにピーナッツバターを使う場合は砂糖の量を最大45gまで増やせます

※ 油分は全量をバターまたは、同じ水分量のオイルで代用可能

モアイ⁉️なマロンケーキ

ドーン!だーれだ?何体あるでしょうか??(゚∀゚)

f:id:leoT:20190408151342j:image

そもそも、何もの?食べ物?置物?はい。食べ物です。↓本来の色。黒く画像加工するとそれっぽく見えますね。

f:id:leoT:20190408154214j:image

最近、モアイのシリコンモールドを購入しました。可愛い(?) すぎて、ヨドバシドットコムにて即買い。この型、本来は製氷皿なのですが、-30~230℃まで対温なので、焼こうと思えばパンだって焼けちゃう高性能さです(*^^*)

そもそもこの型を知ったのは、行きつけのレストランにて。いつもながら家族との食事で訪れたのですが、そこでの食後のお茶菓子として、モアイの黒ゴマフィナンシェが出されたんですね。それこそ黒ゴマペーストでも入っていたのか、色も濃いグレーで、見た瞬間に思わず笑顔に。ちなみにその日は、従姉妹夫婦と一緒の食事だったのですが、彼らは、食べ物だよ!と教えてあげるまで飾りだと思っていたほど笑。味も当然、とても美味しかったです。レストランについては、文末にて改めた記載したます☆

で、粉物焼き好きな私にとって、モアイのインパクトは強烈で帰り道もずーっと気になってたんですよね。なので帰宅後早速ネット検索をしてみたところ発見したわけです。

この型、アメリカのFredというメーカー製で、日本での定価は1100円らしいのですが、アマゾンから楽天まで色々みた結果、唯一(?)ヨドバシドットコムでは、定価&送料無料&最短翌日お届けと、素晴らしいコスパや条件だったので、初めてヨドバシ経由にて購入に至りました。実際のお届けも速く大満足です(*^^*)

そして、そんな素敵な型を閉まってしまう前に是非一度使いたい!ということで早速ケーキを焼いてみたわけです。一度閉まっちゃうとね、もう多分そのまま忘れるから勢いで使うのって大事(^^;

さて、今回焼いたのは、バターケーキ風のマロンケーキ。なんちゃってバターケーキなので、「風」です笑。本来はもちろんバターを使うのですが、バターを切り出して常温に戻すのが面倒だったので、代わりにギーとマヨネーズを使用。甘みはマロンジャム(ボンヌママン)をメインに砂糖と蜂蜜を少々入れました。粉は一部をアーモンドプードルにすることで、ケーキにしっとり感とコクをプラスします(*^^*) とにかく混ぜて焼くだけの時短簡単ケーキ!

えっ、マヨネーズ?!って思うかもしれないけど、マヨは焼くと酸味が飛ぶのでご安心を。代わりにギーの香りが強くでます。もちろん、マヨとギーはバターで代用したり、または水分量さえ変えなければ、サラダ油などを使っても大丈夫。その場合でも、アーモンドプードルが入っているのでそれなりにはコクが残ります。ただ、マロンジャムはどうしても栗よりも甘さが強いので、ちょっと栗味がぼやけるかな。マロンペーストがあればベターだとは思います。ともあれ、面白おかしく美味しくできたのでレシピを記録します(゚∀゚)

 

縦横5x2.5cmぐらいのモアイ9個分

f:id:leoT:20190408155745j:image

材料: ギー20g、マヨネーズ25g、マロンジャム50g、砂糖10g、蜂蜜小1、卵1個、アーモンドプードル20g、薄力粉30g

※ 分量は甘めです。砂糖、マロン、蜂蜜の量はお好みで調整してください。

1. ボウルに材料を順番に入れる。その都度、泡立て器でよく混ぜる。薄力粉だけは振るい入れる。生地完成!30分以上寝かせる。

2. 心配なら型にサラダ油を薄く塗る。私も一応塗ってみたけど、油が付いてるところも付いてないところも、びっくりする程きれいに外せたので多分必要なし。

3. 180℃に余熱したオーブンで15分ぐらい焼く。完成!型から外す。このFredのシリコンモールド、焼きたてでもスルッと取れました!超優秀!

f:id:leoT:20190408161044j:image

完全に冷めてから保存しました。

f:id:leoT:20190408161236j:image

焼き立てでも寝かせても、とっても美味しいです。見た目、味ともに大満足です(*^^*)

 

最後に、上記にある好きなレストランは、赤坂にあるモダンフレンチ「クレアバックス」このお店には3年ほど前から通っていますが、毎回行くたびに楽しませてくれます。お料理が美味しいのは当然なのですが、プレゼンテーションから、珍しい素材から、ユーモアまで、本当に驚きがいっぱいで(色んな意味で)、楽しくて、サービス精神満点で、お腹も大満足できる、通い続けたいお店です(*^^*)

 

 

 

 

ロミ猫: ゴロゴロゴロゴロ...

うちの猫はよく毛を舐めているけど、たまに、禿げる?と思うほどずっとペロペロしている。一応まだ禿げてはいないが…

肉球が可愛すぎる😻ピンクだけだったり、黒ぽっつんが入っていたり。

f:id:leoT:20190407130954j:image

f:id:leoT:20190407130959j:image

f:id:leoT:20190407131004j:image

窓辺に移動。ただだらーんとしているだけだけど可愛すぎる😻親バカですね。(^^;

f:id:leoT:20190407131005j:image

 

トルコのチョコ

トルコは、チョコレートのレベルが高い!

ここで雑学をまず一つ。かの有名チョコメーカー「ゴディバ」って、実はトルコの企業なんですよ(゚∀゚) 発祥はベルギーですが、2007年にトルコの大手食品メーカーに買収されて以来、トルコの企業となっているのです。

 

さて、話は戻りまして。どこの国に行っても、チョコってほぼ売っていて、お土産の定番ですよね。欧米だろうとアジアだろうと、ロシアでも。ただ、それなりに当たり外れってあって。

そして、トルコもご多分に漏れず、行くとこかしこでチョコを見かける。さて、トルコのチョコはいわゆる平均的に高レベル?それともいまいち?

個人的意見ですが、高レベルだと思います!コンビニやスーパーのあちこちで見かけて、道中色々買ってみたけど、どれも美味しいです(*^^*) それこそ、専門店のお高めのものから、スーパーのレジ横の数十円程度のものまで。

先日の旅行でも数種類を買いまして、持ち帰ってみたところ、なんとどれも同じメーカーのものでした。カカオの濃さ別に選んだのですが、本当に濃さ以外についてはみんな同じ。ETiというメーカーのピスタチオ入り。左から、ビターのピスタチオ27%→ミルク→カカオ54%

f:id:leoT:20190330215256j:image

トルコって、ピスタチオ含め、ナッツの一大生産国。ナッツ入りのチョコが豊富で、特にピスタチオ入りのものが多種多様!なので、気がついたら私自身ピスタチオのばっかり買っていました(^^; メーカーについては特にETiにこだわりはなかったけど、多分パッケージが綺麗だったのでしょう。無意識に同じのを選んでました。写真では左2種(ビターとミルク)は食べかけですが、どちらもチョコの風味がしっかりしていて美味しかった!だから54%も食べるのが楽しみ(゚∀゚) 

トルコに行かれる際は、ぜひ現地のチョコをお試しくださいませ。

トルコ名産!ヘーゼルナッツバター

トルコって実は色んな物の発祥地であり、生産、消費大国であります。

例えば、一例を挙げてみると…、発祥で言うなら、ヨーグルトや絨毯。特にトルコ絨毯はイギリス王室やホワイトハウスの大統領執務室、更には日本の皇居でも使われているほど。生産で言うなら、イチジクとヘーゼルナッツは世界No.1の生産を誇ります。また乳製品や革、オリーブ、小麦なども。消費面では、お茶(チャイ)やパンなどが世界イチ!だったりします。もちろん他にも色々あります^ ^

さて、話が長くなりましたが、私も購入てみました。ヘーゼルナッツバター!一般的にはピーナッツがメジャーな気がしますが、そこは流石にトルコ。名生のヘーゼルナッツで作られたバージョンがメイン。スーパーに行っても沢山の種類がありました。私が買ったのはこちら↓ ショッピングモールに入っていたチョコレート専門店のもの。店頭で試食販売をしていて、試食をしたほんの一口が濃厚でとっても美味しかったので即決で購入しました(*^^*) スーパーのよりはお値段が張りますが、味見もできたので確実に好みのもので満足です。

f:id:leoT:20190319185518j:image

中はこんな感じ↓ 感触は割ととろ〜り。スプーンですくうと、ゆっくりですが垂れそうになります。

f:id:leoT:20190319185525j:image

とっても滑らかで舌にまとわりつく感じ。甘さはちゃんとありますが、とにかくナッツが濃い!原料もシンプル。パンに塗るもよし、お菓子に使うもよし。個人的には、パン生地に巻き込んで、シナモンロールみたいな甘〜いデザートパンを焼いてみたい(*^^*) 興味ある方はぜひネットで同店を検索してみてください。ラベルのアルファベットで検索できます。

また、こちらのお店はチョコレート屋さんゆえ、当然チョコも美味しいです!お土産用のをちょい自分用にもらいましたが↓(実家はもっと色んな味が入ってます)、かなりハイレベル!

f:id:leoT:20190319192325j:image

見た目そっくりなチョコにリンドールがありますが、こちらはリンドールにも全く劣りません!自分用にもっと買っておけばよかった…(T_T) 海外のチョコって当たり外れが結構ある気がするけど、トルコはチョコのレベルが高い!それこそスーパーのレジ横の安チョコすらちゃんと美味しいです(*^^*) 名産のピスタチオがたっぷり入ったものも多く売られていて、本当に大満足。ちなみに、かの有名なチョコブランド、ゴディバ。どこの企業か知っているでしょうか?ベルギー?いえいえ、トルコの企業なんですよ^ ^ もともとはベルギーでした、が2017年よりトルコのチョコメーカーに買収されているんです。だからって訳ではないけど、トルコってチョコレートに拘っている国なのかな、という印象を受けました。