leoT’s blog

ようこそ!本ブログでは、私leotの日々のことを連ねております。主にレシピや猫、などなど…気楽にお読みいただければ幸いです。コメントもお気軽にどうぞ。

5分つき米と雑穀米のご飯

f:id:leoT:20200525000918j:image

いつも通り、小鍋で一合ご飯を炊きました。今回は5分つき米と雑穀米を2:1の割合で。そこにちょっと臭めのフレッシュチーズも追加。大さじ2ぐらい残っていたので、炊く時にそのまま投入しました。チーズのおかげでほんのりおフランスの香りがする雑穀ご飯になりました( ^ω^ )

チーズは確か、フランスから取り寄せたトリュフのフレッシュチーズ。微妙に残ってたのを使い切りました。

 

炊き方については、今回は5分つき米と雑穀米(30穀)と、微妙に異なる扱いを要するものを組み合わせたけど、それぞれ浸漬時間と水加減さえ間違えなければ失敗なく美味しく炊けます♩具体的には…

 

材料: 5分つき米100g+水166g(米の重量の1.66倍)、雑穀米50g+水100g(米の重量の2倍)、塩ひとつまみ、チーズ適量

※ 通常、白米一合(150g)に対して水200g。雑穀米や玄米の場合、米150gに対して水300g。そして5分つき米は、白米と雑穀米(玄米)の中間をとって、米150gに対して水250g。

 

1. 雑穀米の下準備: 雑穀米に分量の水を加えて、冷蔵庫で一晩以上浸漬させる。10時間以上。

2. 5分つき米の下準備: 米を水で軽く洗い流して水気を切る。小鍋に米(150g)+水(166g)=合計の重さが266gになるようにはかる。蓋をして冷蔵庫で5時間ぐらい浸漬。

3. 炊く: 1を2の小鍋に入れて、塩も入れて混ぜる。米を平らにならす。その上に米チーズを乗せ、蓋をする。

始め中火と強火の間の火加減で沸かす。沸いたら極弱火に落として、15分以上、米の表面や鍋ふちの余分な水分が無くなる炊く。火から下ろして15分蒸らす。さっくり混ぜて出来上がり!

f:id:leoT:20200525003302j:image

雑穀米と5分つき米だけ(精白米なし)だけど、もっちり柔らか♩ちゃっかりおこげもできてます(o^^o)

お米コレクション

最近炊いたお米達 (随時更新中)

 

1. 森のくまさん(熊本)

f:id:leoT:20200325222859j:image

粒は小さめで細長い?噛みごたえはあるけど、パラパラとほどける。粘りはそこまでないような気がします。甘みはしっかり、噛めば噛むほど後味が甘い!味はいいけど、もう少し粘りっ気が欲しいかも。

 

2. ふっくりんこ (北海道)

f:id:leoT:20200325233307j:image

森のくまさんよりも丸みがあって少し大きめの粒。噛んだ瞬間もちっとして、粘り?かと一瞬感じるけど、噛んでるうちにすぐほぐれて割とあっさりめなイメージ。甘みはほどほど。

 

3. 京都丹後のこしひかり(京都)

f:id:leoT:20200416203152j:image

粒感しっかり、噛みごたえしっかり。とっても甘い!口に入れた瞬間の粘っこさは感じないけど、噛むほどに粒感が跳ね返ってきて食感が楽しい!関西地方ってお米のイメージないけど、これはかなり好き!

 

4. ひとめぼれ(100%玄米、岩手)

f:id:leoT:20200510204952j:image

ひとめぼれの玄米を発芽させて、塩を少々入れて炊きました。今までも玄米を数種類炊いてきたけど、これ、めっちゃ好み!しっかり噛みごたえはあるけど、もっちり柔らか。特にもちもち感が顕著で、玄米らしくも白米らしくもあって、そのままでもとても美味しい!

 

5. さがびより(5分づき、佐賀)

f:id:leoT:20200517222639j:image

大粒、もっちり!炊きたてをしゃもじでほぐす時点でわかるもちもちさ!龍の瞳よりもわかりやすいサイズ感ともちもち感。かなり個人的に好み!もちもち好きな方にはぜひともおすすめしたい感動米!いやはや、佐賀すごいな〜

 

6. 銀河のしずく(岩手)

f:id:leoT:20200522012047j:image

銀シャリ!噛みごたえしっかり。柔らかもっちりではないけど、跳ね返してくるような弾力をしっかりと感じられます。そして噛んでいるうちに甘みもじんわりと伝わってきます。チャーハンとかカレーにも合いそう。結構好き!

 

小鍋で気軽に5分づき米

f:id:leoT:20200517220304j:image

だいぶ前に買ってすっかり忘れていた、さがびより米。玄米や白米はよく買うけど、こちらを買ったお店では精米具合を選べたので、初の5分づきでお願いしました。

水加減がよくわからなかったので、とりあえず白米と玄米の中間の水量で炊いてみました。浸漬時間だけ長めにとって、あとはいつもの流れで。結論として普通にうまく炊けました( ^ω^ )

そして何よりも一番驚いたのが、さがびよりと言うお米。これ、もっちもち!分つきだから、より玄米に近いパラっとした食感なのかなと思いきや、まあ〜もっちもち(2回目)!お米自体は見るからに大粒だから、もちろん炊き上がりも大粒。そして食感も柔らかもっちり。近年のどの品種よりもわかりやすい食感で、とっても好み(o^^o)

さすがにお米自体は結構古かったので、いわゆる新米の香りは炊いててもしないのですが、味は全然悪くない。サイズ、食感ともに優秀だと思います。さがびより、ぜひ改めて新米で食べたい!

 

では、5分づき米の炊き方です。

1. 米150gを水で流し洗いしたら、水気を切って小鍋に入れる。そこに米と水を合わせて390gになるように測る(水量は240g)。冷蔵庫で5時間浸漬。

2. 1に塩をひとつまみ入れて、氷を1〜2粒入れたら鍋蓋をして炊く。

3. 始め中火と強火の中間の火加減で沸かす。沸いたら極弱火にして15分以上、米の表面の水分が完全になくなるまで炊く。

4. 火から下ろして15分蒸らして完成!

5分づき米でも柔らかもっちり、美味しく炊けますよ( ^ω^ )

決定版!小鍋でモチモチおこわ

f:id:leoT:20200504145720j:image

小鍋で一合、簡単おこわを炊きました。もちもちふっくら、芯なんて残りません♩

具は以前同様、たっぷり甘納豆と桜葉粉末でほんのり甘い桜餅風味にしましが、浸漬時間と水分量を調節してよりふっくらに仕上げました( ^ω^ ) 

入れる具は何でも良くて、水分量さえ守ればプレーンでも五目でも味付け自在。手軽に少量でおこわを作りたい時に重宝しますよ♩

 

材料: もち米150g(1合)、水200g、氷2粒

具: 甘納豆90g(1袋使用、青えんどう、ささげ、金時、花白豆の4種ミックス)、桜葉1g程度(種類によりますが製菓用の粉末タイプは少量でもとても香りが強いのでお好みで)

1. もち米を軽く水で流して洗ったら水気を切る。小鍋に入れて、水200gを入れて冷蔵庫で1時間半浸漬。

2. 1に桜葉を入れてよく混ぜて、その上に甘納豆を散らす。白花豆は大きいので小さくちぎって入れました。さらに氷も乗せる。

3. 小鍋に蓋をして炊く。最初は中と強火の間の火加減で沸かす。そうしたら極弱火に落として米の表面の水分がなくなるまで10分以上炊く。火から下ろして15分蒸らす。完成!

お豆たっぷり、桜のいい香り♩もちもちふっくら、芯なんて一切残りませんよ( ^ω^ )

f:id:leoT:20200504151138j:image

食べきれない分は小分けにして冷凍。あんこを乗せておはぎにするのもおすすめ!豆々し〜い桜餅風おはぎになりますよ(o^^o)

f:id:leoT:20200504151251j:image

お手軽ナン!とパン

f:id:leoT:20200502200620j:image

初めてフライパンでパンを焼いてみました。チーズたっぷり、ふっくらナン!強力粉に美味しい地粉をブレンドしてゆっくり発酵させるので、生地がとにかく美味しい!チーズはもはやおまけです。笑

今日は気温が高かったので、一次発酵を一部冷蔵庫でやりました。室温でゆっくり発酵させるもよし、気温が高い場合は冷蔵庫でゆっくりさせるのもおすすめです。

成形は、自由に伸ばして好きなチーズを好きなだけ包んで、いくらでもカスタム可能。今回は冷蔵庫に残っていたミックスチーズとスモークカチョカバロをたっぷり包んでみました( ^ω^ )

トロトロチーズの濃厚ナン!カレーがなくてもそのままで食べ進められますよ♩

ちなみに生地の一部(1/4ぐらい?)は普通に丸めてオーブンで焼きました。普通の美味しいプチパンになりますね。ただ、一個だけだからオーブンの電気代がもったいないかもしれません。笑

f:id:leoT:20200502203627j:image

 

では作り方!

ナン1枚+プチパン1個:

f:id:leoT:20200502202048j:image

水分(水90g、イースト1g、蜂蜜15g)、粉類(強力粉100g、地粉50g、塩2.5g)、サラダ油8g、お好みのチーズや具

1. ボウルに水分を溶かす。粉類を入れてヘラやスプーンで混ぜる。なんとなくまとまってきたら油を入れさらに混ぜる。ボウルの中で軽く生地を捏ねる。滑らかになるまで(5分足らず)。

2. ボウルにラップをかけて一次発酵。最低4時間、大きさが2~3倍になるまで。気温が高い場合は冷蔵庫の野菜室でゆっくり発酵させる。

3. 成形。普通のパン用に1/4ほど切り分けて丸める→1時間弱二次発酵→220度のオーブンで10分ぐらい焼く→プチパン完成!

ナンの成形: 残りの生地を長方形や楕円を目指して伸ばす。厚さは私は5~7㍉ぐらいかな。生地の半分にチーズを好きなだけ乗せて、残りの半分を被せて包む。軽く形を整えてフライパン(テフロン加工あり、なしの場合はクッキングシートを敷く)に乗せる。

4. フライパンにラップをして1時間弱二次発酵。弱火と中火の間の火加減でじっくり焼く。片面ずつ焼いて、両面ともいい焼き色がついたら完成!

焼いてる時はすごく膨らむけど火から下ろすと萎みます。

f:id:leoT:20200502203351j:image

チーズとろとろ〜♩生地はカリッと、端っこはふかふか(o^^o) 生地そのものが美味しい!

f:id:leoT:20200502203540j:image

 

芳香♩バジル玄米ご飯

f:id:leoT:20200427213022j:image

自家製発芽玄米と白米を半々に使って、バジルご飯を炊きました。もちろん今回も小鍋で一合炊き!バジルは市販のバジルペーストを使用したけど、炊いてる時から香る、香る、バジルがめっちゃ香ってました笑

炊きあがっても香りが超!バジル。ですが、味はそんなに強くなく本当に鼻から抜ける香りを楽しむご飯っていう感じです。玄米はもちもちぷちぷち食感だけど、ちゃんと柔らかく炊けてとても食べやすい( ^ω^ )

洋風おかずの付け合わせとしても、香り高いバジルご飯はいかがでしょう?

 

1合分の炊き方:

1. 玄米75gを発芽させる。水と合わせて225g量っておく。

2. 白米75gを軽く洗ったらよく水気を切って、水を100g入れて冷蔵庫で浸漬。2時間以上。

3. 1と2を合わせて小鍋に入れて、バジルペーストを大さじ1入れて炊く。バジルの水分が多い場合は米用の水を少し減らす。

4. 終始蓋をしたまま、始め中強火で沸かしたら、極弱火にして米の表面の水分がなくなるまで炊く。15分以上。火から下ろして15分蒸らす。完成!

f:id:leoT:20200427212904j:image

炊き上がり直後。バジルペーストは水分が少ない本当の「ペースト」だったので、炊いてても全体に溶け込むことなく最後までゴロンと残っていました笑。これをまんべんなく混ぜてからいただきます(o^^o)

 

お手軽!チョコづくしのケーキ

f:id:leoT:20200426130103j:image

残り物のチョコとチョコバーをたっぷり使って、お手軽チョコケーキを焼きました!材料をただ混ぜて、焼いて、片付けまで入れても1時間ほどで完了します( ^ω^ )

焼きたてはふんわり、冷めるとしっとり、バターも入ってるから香りと食感もちゃんとケーキ(^^)

チョコはしっかり溶かして生地に入れて、チョコバーは粗く刻んでで入れます。チョコ生地に、所々溶けてカラメル状になったチョコバーが濃厚です。今回はピーナッツバターヌガーバーを使ったので、所々にピーナッツの粒々も感じられて、味・食感ともに満足いくものになりました( ^ω^ ) 以下作り方♩

 

小さめローフ1個分:

f:id:leoT:20200426130914j:image

材料: バター25g、サラダ油大1、砂糖35~40g、卵1個、牛乳20g、溶かしチョコ50g、チョコバー1本(粗刻み)、粉類(薄力粉40g、強力粉20g、塩一つまみ)

1. ボウルに粉類以外の材料を順番に入れてよく混ぜる。最後に粉類を合わせて振るい入れて、泡立て器でぐるぐる混ぜる。練らない!生地完成!

2. 170度に予熱したオーブンで45分ぐらい焼く。楊枝をさして何も付いて来なければ完成!